img

関東美容専門学校
ビューティーコラム


美容に関するちょっとした
豆知識お手入れ方法などを
ご紹介します。


☆正しいシャンプーの仕方☆

関東美容専門学校

毎日何気なくしていませんか?
意外と知らない
『正しいシャンプーの仕方』
をお教えします

★STEP1★ 
シャンプーの前にブラッシング


オールバックにするイメージで前から後ろに向かって髪の毛全体をブラッシング

ほこりや汚れを落とし、髪の毛のもつれをほぐしておくと、シャンプーでのダメージが軽減
毛先が絡まっているときは無理にブラッシングせず、絡まっている毛先だけをやさしくときほぐす


★STEP2★
予備洗浄

ぬるめのお湯(38~40℃くらい)でしっかり髪の毛を濡らします
これだけでも70~80%の汚れが落ちますよ
熱すぎるとキューティクルが開いてダメージを受けやすくなるので、頭皮までしっかり水分が行き渡るように1~2分かけてじっくり濡らすのがポイント


★STEP3★
泡立てて洗う

シャンプー剤を適量手に取ったら、必ず泡立てましょう。
泡立てネットなどでモコモコにしてもOK
シャンプー剤の原液をそのまま直接髪につけるのはNG
洗うときは指の腹を使って、頭皮全体を上下前後にマッサージするように
爪を立てて洗うと頭皮が傷つくのでNG


★STEP4★
しっかりすすぐ

髪の中に手を入れて頭皮をマッサージするように流します。この時もお湯の温度はぬるめで
手グシで毛流れを整えながら洗い流すと、ダメージが少なくツヤ感アップにつながります

シャンプー剤が頭皮に残るとフケ、かゆみ、臭い、毛穴が詰まる原因に
せっかくキレイに洗ってもすすぎ残しがあると美髪どころかダメージの元に・・・
もういいかな?と思ってから、さらに1~2分くらいすすぎましょう
 

★STEP5★
リンス・コンディショナー

髪の毛の水気を軽く切って、髪の毛の中間から毛先にリンスかコンディショナーをつけ、
全体になじませ洗い流します。
※頭皮につけると毛穴が詰まる原因・・・


★★★スペシャルケア★★★
★トリートメント★

特にダメージの気になる時は、シャンプーの後、軽く髪の毛の水気を切って、
トリートメントを髪の毛の中間から毛先に塗布しホットタオルやシャワーキャップをして蒸気の力で成分を効果的に浸透させます
5~10分ほど置いて洗い流しましょう。

待っている間、湯船に浸かりながらだとより効果的


ちなみに
リンス・コンディショナーはだいたい同じ効果で髪の表面をコーティングし手触りをよくします。
トリートメントは髪の内部にまで、成分が浸透するので、ダメージ部分に栄養を補給する事ができます。

もしリンス・コンディショナーとトリートメントの両方する場合は
 シャンプー
   ↓
 トリートメント
   ↓
 リンス・コンディショナー

の順番がいいですよ
トリートメントの前にリンス・コンディショナーをしてしまうとトリートメントの成分が浸透しにくくなってしまいます

いかがでしたか?
簡単なのでみなさんもぜひやってみて下さいね



★ビューティーコラム★




                 ▲ページTOP
 




関東美容専門学校