img

関東美容専門学校
ビューティーコラム


美容に関するちょっとした
豆知識お手入れ方法などを
ご紹介します。


☆ノンシリコンシャンプー☆

関東美容

最近ドラッグストアやCMなどでも
よく見かける
ノンシリコンシャンプー
についてのお話です

普通のシャンプーより少し高いから髪によさそう
だけど・・・
ノンシリコンは泡立ちが悪いとか
シリコンは毛穴に詰まるとか

色々ウワサはあるけど
ほんとのところは・・・




シリコンとは……??
髪の毛の表面に付着し、コーティングする作用があり、手触りをよくしてツヤを出すなどの効果があります

しかし!!

髪の毛をコートするだけで、髪の毛の補修や浸透して保湿するような効果はシリコンにはありません。

なので

シリコンに頼ったヘアケアを続けていると髪の傷みを進行させることもあります


※ちなみにシリコンは安全性も確認されていて、色々な日用品(赤ちゃん用品、化粧品、医薬品など)に使用されています




シリコンは毛穴に詰まる??
答えは・・・【NO】

シャンプーに使われているのはシリコーンオイル
シリコンと聞くとラップのようにぴたーっと密着しそうなイメージで、皮膚呼吸が出来ないと思うかもしれないですが、シリコーンオイルはネットのような網目状で、毛穴に詰まる可能性は低いです

それよりもすすぎ残しの石けんカスの方が詰まりやすいのでしっかりすすぎましょう



ノンシリコンだと泡立ちが悪い??
答えは・・・【NO】

泡立ちに関係するのはシリコンではなく、洗浄成分です。
多くのノンシリコンシャンプーは、洗浄成分に髪や頭皮に優しい
アミノ酸系という成分が使われています。
このことが、市販でよくあるシャンプーよりも泡立ちが弱い原因です




髪に良い、悪いはシリコンよりも
洗浄成分
がポイント


市販の安価なシャンプーは洗浄成分が
『ラウリル硫酸』
『ラウレス硫酸系』

を使っていることが多く、これらの成分は洗浄力・脱脂力が強く髪や頭皮の必要な潤いまで奪ってキシキシしてしまうことがあります
それを防ぐためにシリコンをはじめとするコーティング剤を配合しています。


※市販のノンシリコンシャンプーは洗浄成分が強いものもあるので注意しましょう!!


シャンプーボトルの裏面の
成分表示でチェック

※通常、成分表示は多い順番に書かれています。


洗浄力が強めのシャンプー
「ラウリル硫酸○○」
「ラウレス硫酸○○」



洗浄力がマイルドで刺激の少ないシャンプー
「○○グルタミン酸」
「○○タウリン」
「○○グリシン」

「○○アラニン」
「○○アスパラギン酸」



シリコン入シャンプー
「ジメチコン」
「シロキ」
「シリカ」
「シクロメチコン」
「メチコン」



シャンプーにはシリコン剤が入っていなくても、安価なラウリル・ラウレス系の合成界面活性剤が多く含まれ、コンディショナーやトリートメントにシリコンがたっぷり入っているものも多くあります
これは、値段が高いだけで普通のシャンプーと変わらないので注意してくださいね



 

★ビューティーコラム★




                 ▲ページTOP
 




関東美容専門学校