img

関東美容専門学校
ビューティーコラム


美容に関するちょっとした
豆知識お手入れ方法などを
ご紹介します。


☆ヘアアイロンの使い方☆

関東美容

Q.ヘアアイロンを使うと、何故まっすぐでツヤのある髪の毛になると思いますか

A.それは、ブローと同じ作用で、熱によって形をまっすぐな状態に変えているからです。

その熱が高いほど、ツヤもたくさん出て、まっすぐになりますが、ダメージはその分たくさん受けてしまい、髪が固くチリチリになってしまったり、髪が溶けてしまう場合もあります
高温で使い続けてしまうと、最終的には、焦げ付いてしまい、カラーやパーマが出来ない髪になってしまいます


ダメージを抑えながら、
ヘアアイロンを使うには??

①ヘアアイロンを使う前に、コーム・ブラシでとかしておきましょう!

→絡まったままの髪でアイロンをかけてしまうと、ひっかかってしまい、切れ毛の原因にもなります


②温度を下げて使いましょう!

90℃~100℃の低温でも十分にまっすぐになります。

2秒ずつヘアアイロンを滑らせるイメージ

ですると、しっかりと全体的にまっすぐになるはずです高くても
160℃以上に設定はしないようにしましょう
※温度に関しては、使っているヘアアイロンの説明書を見て調節してください。

③アイロンかけるときは、

1.根元→中間
2.中間→毛先
3.毛先のみ
4.根元→毛先

の4段階に分けてかけましょう!

この時に、毛束を薄めにとりましょう。できる人は、髪ゴム・ダッカール等で分けとっておく(ブロッキングする)と、さらにやりやすくなります



④仕上げにスプレーやワックスで整えましょう!
→スタイリング剤をつけないと、時間が経つにつれ、せっかくキレイにアイロンした髪が、湿気によって広がってしまいます
ヘアアイロンした後は、スタイリング剤を髪全体につけるのがオススメです

低温でも同じ場所ばかりアイロンしていたら、もちろん傷みますヘアアイロンより、ブローをオススメしますが、どうしても真っ直ぐにならない場合は、ヘアアイロンでツヤ髪になってください♪


★ビューティーコラム★




                 ▲ページTOP
 




関東美容専門学校