img

関東美容専門学校
ビューティーコラム


美容に関するちょっとした
豆知識お手入れ方法
などをご紹介します。


☆洗顔後のお手入れ☆
 
関東美容

肌が一番乾燥するのは洗顔後
そこで!!
化粧水と乳液をつけます。

つけるタイミングはできるだけ早く
放置しているとどんどん乾燥が進んでしまいます
特に冬場は乾燥しやすいので気をつけましょう


┏━━━━★ 
l 化粧水 l
★━━━━┛
 
つけ方は……
●手の平に化粧水を出してつける方法
●化粧水をコットンに浸してパタパタする方法

などありますが、

どちらにもメリット・デメリットがあるので、自分に合った方法を見つけてください(^▽^)/


コットンでつける方法
☆メリット☆
ムラなく顔全体になじませられる。

★デメリット★
コットンで肌をゴシゴシとこすったり、力強くパタパタとパッティングすると、肌に刺激になる・・・( ̄□ ̄;)
コットンの種類によっては、コットン自体が刺激になってしまうことも・・・。

【コットンの場合のつけ方】
コットンの裏側まで十分濡れるくらい化粧水をつけます。
軽く押さえるような感じで肌全体になじませます。
力を入れてパタパタと叩くのはNG( ̄ヘ ̄)ノ
途中でコットンにつけた化粧水が足りないと感じたら付け足しましょう。
手の平や甲で触ってみて肌にぴたっと吸い付く感じになればOK(*^-^)/

関東美容




手でつける方法
☆メリット☆
温かい手で顔を包みこむように化粧水をなじませることで、
浸透しやすくなったり、肌のうるおい状態を確認することができる。
自分の肌の調子が良い・悪いなどにも気がつきやすいので、早めに対策できる。

★デメリット★

髪の毛の生え際や小鼻などにつけ残しやすい・・・。
手が汚れていると手の細菌まで顔に塗ることになってしまい、
ニキビなどの肌トラブルが悪化する可能性も・・・( ̄□ ̄;)

【素手の場合のつけ方】
適量を手のひらにのせ、顔全体を覆うようにまんべんなくなじませます。
手の平で力を入れてパタパタ叩くのはNG( ̄ヘ ̄)ノ
目元や小鼻、眉間や鼻の下など細かいところにもつけ化粧水が足りないようなら足してつけましょう。
手の平や甲で触ってみて肌にぴたっと吸い付く感じになればOK(*^-^)/


┏━━━★ 
l 乳液 l
★━━━┛

化粧水で肌に水分がしっかり浸透したら、
今度は潤いが逃げないように乳液で
フタをします。

化粧水だけで終わらせてしまうと、せっかく浸透させた水分が蒸発していき、肌にもともとある水分まで一緒に蒸発してしまうので、さらに乾燥してしまう原因になります


乳液は適量を手のひらにとり、
乾燥しやすい目や口のまわりを中心にのせ、顔全体にのばします。

ただし、
「思春期にきび」の気になる方は、悪化させてしまうこともあるので、乳液を使わない方がいいこともあります。
もし、使用する場合はオイルフリーのものがおすすめです。

いかがでしたか?洗顔後のケアでキレイな赤ちゃん肌を目指しましょう


★ビューティーコラム★




                 ▲ページTOP
 




関東美容専門学校